シフト勤務による生活への影響

送迎ドライバーのお仕事について

スポーツクラブや介護施設、商業施設などへ行った際に、送迎バスや送迎車を見たことがある方多いのではないでしょうか。
そのように様々な目的地に送迎する車を運転しているのが、送迎ドライバーです。他の運送業と同様に、安全に運転する技術が求められます。
送迎ドライバーは、荷物ではなく人を乗せるので、コミュニケーション能力が求められる場合もあります。
運転する車は、特殊免許が必要な大型バスから普通免許でも運転できる乗用車・軽自動車まで目的に応じて様々です。

運送業の中でも、比較的拘束時間が短く、ルートが固定されている等、広い年代の方が働きやすい特徴の送迎ドライバーですが、「どのような場所へ」「誰を」送迎するのかによって、必要な免許も、働く時間帯も大きく変わります。
そのため、自分の望む働き方をしっかりイメージすることが大切です。

シフト制の種類について

固定シフト制と希望シフト制がありますが、事前に出勤予定日を決めてその予定に基づいて出勤することになります。
固定シフト制の場合は、基本的に働く日や時間帯など決まっており、安定して働くことができますが、シフト制の魅力である柔軟さは感じにくいです。
希望シフト制の場合、ライフスタイルに合わせて柔軟に働ける一方、毎月給与額は変動することが一般的です。きちんと労働時間分の給与が振り込まれいているか確認してください。その際、深夜手当などきちんと反映されているかの注意も必要です。
年末年始やゴールデンウィーク等の大型連休はシフト制であっても希望通りに休めない事があります。一緒に生活する家族がいる場合は、その時期の過ごし方についても話し合っておく事が大切です。

運転業の求人は、大企業や官公庁に勤める役員運転手やタクシー会社の運転手など色々なものが募集されることがあります。